第12日 8月15日(金)

都市名 時間

交通

日程 (宿泊地)

終日クルーズ
■ 引き続き、船はバレンツ海を航行します。
■ 船内にてゆったりとした時間を過ごします。
■ 船内にてレクチャーも催されます。

8:30 本日の予定(ビクター氏より)
       レクチャールームにて
  フランツ・ヨーゼフ諸島から、ノバヤゼムリャ島を目指す予定でしたが、
    昨晩モスクワ経   由にてノバヤゼムリャ島への立ち入りが禁止される旨の報告が
    入りました。
   (政治的な理由)
  ムルマンスク到着の日程を1日遅せ、
  時間を確保していましたがノバヤゼムリャ島への案内が不可能になりました。
  残りの滞在中はフランツ・ヨーゼフ諸島の他の島々を廻り。
   ムルマンスクに向かいま す。

9:15〜 チャンパ島へヘリコプターにて上陸予定(天候次第)
これもすべて霧のため中止となる。

11:30〜:北極点アカデミー第13回
         太田先生
        北極海スピッツベルゲン島に
         ついて
14:30〜:ワールドシネマサロン
        「ドクトルジバゴ パート2」
17:30〜18:30
      ワールド航空サービスアカデミー
      第2回
       ガイドブックに載っていない聞いて得する海外旅行の知識
夕食後
21:00〜 天候状況をみてティゲットホフ岬
       の上陸観光をヘリコプターにて予定との話も、実行はなかった。

午前 9:00 午後9:00
北緯80度37分01秒 北緯79度22分90秒
東経56度55分18秒 東経54度53分59秒

 深夜、ノバヤゼムリア島への立ち入り禁止の報告が入り、
   フランツヨーゼフ諸島にてもう1泊滞在することになりました。
   朝、不思議な丸石の残るチャンパ島への上陸を試みましたが、濃霧のため、叶いません。
   フランツヨーゼフ諸島の島々を抜け、ガッラ島、ティーゲットホフ岬の目の前までにたどり着きましたが、
   やはり、濃霧のため上陸は出来ませんでした。
   結局、90度と言う地点に立っただけの、旅行でブリッジでフランツヨーゼフ諸島にお別れして帰路に向かいました。

 

流 氷
 
 
 
   

 

 

 戻る

Home

次へ top

 

    Copyright(C)華麗なる競技へようこそ